Doorkeeper

【オフライン&配信】 JJUGナイトセミナー「Quarkus World Tour 2022」12/5(月)開催

Mon, 05 Dec 2022 19:00 - 20:40 JST

レッドハット株式会社 3F セミナールーム

東京都渋谷区恵比寿4-1-18 恵比寿ネオナート3階

Register
オフライン Free
Registration closes
05 Dec 20:40
配信 Free
Registration closes
05 Dec 20:40
現地参加の場合はイベント終了後に懇親会を予定しています。(無償)

Description

※本イベントはほぼ英語によるセッションです。通訳などはございません。

Quarkus World Tour 2022を日本で開催します!

Quarkusは、GraalVMとHotSpot(JVM)の両方で使えるKubernetesネイティブなJavaフレームワークで、MicroProfileに準拠しながらJavaの標準仕様を用いて作られています。
Quarkusについてまだ知らない方にも、すでに運用されている詳しい方にも、幅広くお楽しみいただけると思いますので、ぜひご参加ください。

また、今回は久しぶりにオフラインでの参加をして頂けることになりました。配信とのハイブリットでの開催となりますので、参加登録の際にチケット選択を間違えないようにご注意願います。

現地ではイベント終了後に飲食ありの懇親会を予定しております。
ぜひ現地でご参加ください。
懇親会参加者は当日アンケートを取らせてもらいます。

配信 URL につきましては、イベント開始 30 分前までに参加者の皆様にメール及び Twitter JJUG 公式アカウントでお知らせいたします。

ご注意(オフライン参加の場合)

  • 感染症対策に伴い事前の個人情報入力をお願いしております。 ご記入いただいた情報は、新型コロナウイルス感染症対策を目的として、保健所等公的機関への情報提供以外の利用はいたしません。ご協力のほどよろしくお願いいたします。
  • 場所がいつものオラクル社(外苑前)ではなく、レッドハット社(恵比寿)のセミナールームになります。

タイムテーブル

時間 内容
19:00~19:05 オープニング
19:05~19:15 なぜ Kubernetes なのかby 瀬戸 智
19:15~20:45 Zero to Hero in Kubernetes Native Java with Quarkus by Daniel Oh
20:45~20:50 クロージング

セッション内容

なぜ Kubernetes なのか by 瀬戸 智

Kubernetes という技術がここ8年ぐらい注目され続けて多くの企業で採用されています。
次のセッションではKubernetes上でのJava開発のお話となりますので、Kubernetes を知らない人向けに、Kubernetes の概要とKubernetes を使うことのメリットについて軽く説明します。

Zero to Hero in Kubernetes Native Java with Quarkus by Daniel Oh

More than 16.5 million Java developers are currently working to realize business requirements and spend a ton of time and effort to optimize the application performance for a variety of workloads (e.g., Web, Mobile, AI/ML, Edge) in the cloud. A big issue for the developers is to adopt a new language programming or runtimes over Java due to the lack of compatibility with Kubernetes. This session will walk you through how developers can scaffold a Java project from scratch and then build it as a Kubernetes Native application that allows you to have a tiny low memory footprint and milliseconds startup time. You can also continue testing and debugging the application while it’s already deployed to the remote Kubernetes, the same as the local developer experiences of inner loop development.

スピーカー紹介

瀬戸智 (@megascus)

Red Hatでスペシャリストソリューションアーキテクトをしています。JJUGの幹事もしています。

Daniel Oh (@danieloh30)

Daniel Oh is a Senior Principal Developer Advocate at Red Hat to evangelize developers for building Cloud-Native Microservices and Serverless Functions with Cloud-Native Runtimes(i.e. Quarkus, Spring Boot, Node.js) and OpenShift/Kubernetes. Daniel also continues to contribute to various cloud open-source projects and ecosystems as a CNCF ambassador for accelerating DevOps adoption in enterprises. He's speaking at lots of technical seminars, workshops, and meetups to elaborate on new emerging technologies for enterprise developers & DevOps teams.

About this community

日本Javaユーザーグループ/Japan Java User Group

日本Javaユーザーグループ/Japan Java User Group

日本におけるJavaユーザーグループです。 公式サイト/Official site http://www.java-users.jp/

Join community