Doorkeeper

JJUG Night Seminar : Java on Azure festival @Microsoft

Wed, 19 Jun 2019 19:00 - 21:00

Microsoft @ Shinagawa

Shinagawa GrandCentralTower 2-16-3 Konan Minato-ku Tokyo

Description

※本セミナーは日本マイクロソフト株式会社のスポンサーイベントとなります。

Microsoft が 「OSS ♡ Azure」「Java ♡ Azure」を打ち出してから早数年。皆様、Azure使ってますか?
いまいちAzure利用に一歩踏み出せないままでいるあなたも、「ばりばり使ってるぜ!」というそこのあなたもCloud nativeな環境で利用するJavaについて考えてみませんか。

今回はJava on Azureの領域の中でも特に、コンテナ・k8sまわりを中心にお送りいたします。

またイベントの後に懇親会がございます(無料)。こちらにも、ぜひご参加ください。

なお 開催場所は、日本マイクロソフト株式会社(品川)となっております。
いつもの日本オラクル株式会社(外苑前)ではありませんので、ご注意ください。

タイムテーブル

時間 内容
18:55-19:00 オープニング
19:00-19:20 「20 分でお届けする Java on Azure 2019 のいま」by 寺田佳央
19:20-19:50 「メルカリの開発スピードと品質を支える Selenium on Azure Kubernetes Service」by 根本征
19:50-20:00 休憩
20:00-20:30 「ZOZOTOWNリプレースにおけるJavaアプリケーションとAzure Kubernetes Service(AKS)」by 可児友裕 / 堀口真
20:30-21:00 「JavaをCloud Nativeに最適化するQuarkusの衝撃」 by 須江信洋
21:00-21:03 クロージング
21:03- 懇親会 Sponsored by Microsoft

セッション概要

20 分でお届けする Java on Azure 2019 のいま

Azure では、Java 言語を利用して様々なアプリケーションやサービスを構築する事ができます。本セッションでは 「Java on Azure 2019 のいま」と題して、様々なアプリケーション開発方法やサービス、さらにはツール群などもダイジェストでご紹介します。20 分で Java on Azure のすべてがわかるこのセッションどうぞご覧ください。

マイクロソフト・コーポレーション
寺田 佳央 ( @yoshioterada )

メルカリの開発スピードと品質を支える Selenium on Azure Kubernetes Service

メルカリ自動化&品質保証グループ(Automation & QA Group:通称AQA)では開発スピードとプロダクトの品質の両立を実現するためにE2E・UIをメインにした自動テスト導入を行なっています。

Web版の自動テストでは Selenium Webdriver (WebdriverIO) を採用していますが、上記のようなE2E・UIテストは実際にブラウザ・アプリケーションを動かすが故に実行時間がかかってしまいがちです。

そこで今回は、Selenium Grid 環境を Azure Kubernetes Service(AKS)上で構築・並列実行させることによって、その実行時間を大幅に短縮させることができました。

今回は、自動テスト・Selenium の最近の傾向なども踏まえながら、どのようにこれを実現したかについてお話します。

株式会社メルカリ 自動化&品質保証グループ
根本 征

ZOZOTOWNリプレースにおけるJavaアプリケーションとAzure Kubernetes Service(AKS)

オールドスタイルからモダンなシステムへと変貌を遂げるZOZOTOWNの裏側をJavaアプリケーションとそれを支えるAzure Kubernetes Service(AKS)を中心にTIPSを交えながら紹介致します

株式会社ZOZOテクノロジーズ
可児友裕 / 堀口真

JavaをCloud Nativeに最適化するQuarkusの衝撃

QuarkusはGraalVMを利用してJavaアプリケーションをネイティブコンパイルし、高速起動(100倍)と省メモリ(1/10)を実現するためのフレームワークです。これにより、マイクロサービスやサーバーレスでJavaを利用するための敷居を大きく下げることができます。Quarkusの特徴はネイティブコンパイルだけではなく、開発者のUXにも配慮していることです。

Maven/Gradleにプラグインを追加するだけで簡単に利用でき、「Developmentモード」によってライブリロードに対応するため、サクサク開発を進めることができます。

本セッションでは、Developmentモードでの実際の開発の様子や、ネイティブコンパイルしたバイナリをAzure上のOpenShiftにデプロイしてみることで、Quarkusの威力を体感いただきたいと思います。

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 OpenShiftスペシャリスト
須江信洋

youtube live 配信

今回はyoutube liveによる配信を予定しています。
お時間になりましたら下記URLからご参加下さい。
https://youtu.be/jOA5g6JSI64

動画配信ド素人&機材もイマイチな状態でトライするため、配信クオリティは低い可能性があります。あらかじめご了承ください。。。

About this community

日本Javaユーザーグループ/Japan Java User Group

日本Javaユーザーグループ/Japan Java User Group

日本におけるJavaユーザーグループです。 公式サイト/Official site http://www.java-users.jp/

Join community